競馬の配当160億円申告漏れ(東京国税局)

 競馬予想プログラム作成会社「UPRO」(東京都渋谷区)が、2007年3月までの3年間に競馬の配当金を未申告だとして、東京国税局から約160億円の所得隠しを指摘されていたことが9日、わかった。

 朝日新聞によると、追徴税額は重加算税を含めて約60億円。すでに経営者の英国人は海外に資金の大半を移しているという。

 今回の事案は2つ注目すべき点がある。第一に、現在の国税庁の権限の範囲内では、刑事告発前の海外への資金持ち出しを凍結することができないということ。そして第二に、競馬の配当金は一時所得となり、控除金50万円を引いた額に課税される。しかし、実際には追跡は不可能に近く課税されるケースはごくまれ。同社が予想会社という認定にして配当金に対して法人税法を適用したのだという。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる