ゴルフ・プレジデンツ杯、米国選抜が勝利

 米サンフランシスコで開催中のプレジデンツカップ最終日(日本時間12日)は、各チーム全12名によるシングルスマッチが行われ、米国6勝、世界選抜4勝となり、米国チームの勝利となった。

 米国チームは4日間で19.5-14.5と、5ポイント差をつけて世界選抜を下した。特にウッズ選手は5戦全勝で勝利に大きく貢献した。

 同大会は隔年で行われる米国選抜と世界選抜のチーム対抗戦。米国の通算成績はこれで6勝1敗1分けとなった。

 ◆米国チーム
 タイガー・ウッズ▽フィル・ミケルソン▽スティーブ・ストリッカー▽ケニー・ペリー▽ザック・ジョンソン▽スチュワート・シンク▽ショーン・オヘア▽ジム・フューリック▽アンソニー・キム▽ジャスティン・レナード

 ◆世界選抜チーム
 ジェフ・オギルビー(豪)▽ビジェイ・シン(フィジー)▽カミロ・ビジェガス(コロンビア)▽レティーフ・グーセン(南ア)▽アーニー・エルス(南ア)▽アンヘレ・カブレラ(アルゼンチン)▽マイク・ウイアー(加)▽ロバート・アレンビー(豪)▽Y・ヤン(韓)▽ティム・クラーク(南ア)▽石川遼(日)


タイガー・ウッズ選手とエリン夫人

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる