リニア東京~大阪間が最短67分(JR東海)

 JR東海は13日、リニア中央新幹線の計画(2025年開業予定)で、東京-大阪間の所要時間は、最短の「南アルプスルート」を採用した際には67分、総工費8兆4400億円になるという試算を発表した。

 同社はこれまでに、南アルプス以外にも、名古屋駅経由で品川駅と新大阪駅を結ぶと仮定。「伊那谷ルート」が74分、9兆900億円、「木曽谷ルート」でが73分、8兆9800億円という試算結果となった。

 所要時間、総工費ともに南アルプスルートが有力という試算結果となり、今後はこの結果を基に調整していくという。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる