ミュージカル「オペラ座の怪人」続編、来年上演

 作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバー氏の世界的大ヒットミュージカルといえば、「オペラ座の怪人(The Phantom Of The Opera)」。その続編となる「Love Never Dies」が、23年の時を経て、2010年3月からロンドンで上演されることが発表された。

 「Love Never Dies」はファントムが失踪してから10年後のニューヨークが舞台。ファントム役をラミン・カリムルーさん、ヒロインのクリスティーン・ダーエ役をスィエラ・ボジェスさんが演じる。「Love Never Dies」のワールドプレミアは、2010年3月9日、ロンドンのアデルフィ劇場で開催。当初は2010年10月23日の公演まで予約を受け付ける。ロンドンに続き、ニューヨークでも2010年11月11日より開幕予定。

 「オペラ座の怪人」が初めて上演されたのは1986年で、これまでに世界中で約1億人が観劇したとされる。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる