米大富豪がアーセナルを買収の意向か?

 米国の大富豪スタン・クロンキー氏(62)が、英国プロサッカーの名門チーム・アーセナルの株式保有比率を28.9%まで増やしており、チームを買収する意向ではないかと見られている。

 チームの書面などによると、クロンキーの保有数は発行済み株式の28.9%となる約1万8000株だという。

 クロンキー氏は商業用不動産、ショッピングセンターなどを手がける不動産グループ「the Kroenke Group」を1983年に創立。米誌フォーブスによると資産は3500億円。フォーブス400の常連でもある。
 
 また、プロフットボールNFLのセントルイス・ラムズ、プロバスケットNBAのデンバー・ナゲッツ、プロアイスホッケーNHLのコロラド・アバランチのそれぞれ大株主でもある。妻はウォルマート創業一族のアン・ウォルトンさん。

 アーセナルの株式保有比率上位5人
1 Stan Kroenke 28.9%
2 Alisher Usmanov 25.0%
3 Danny Fiszman 16.11%
4 Lady Nina Bracewell-Smith 15.9%
5 Peter Hill-Wood and family 1.04%


スタン・クロンキー氏(写真右、2001年、コロラドアバランチ優勝時)

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる