アジア最高価格、50億円マンションが成約(香港)

 香港の不動産価格が高騰し、中心部のマンションで50億円を超えるとんでもない億ションが登場し、すでに成約済みとなった。アジアでは最高額。

 地元ディベロッパー「Henderson Land Development」のゼネラルマネージャーのトーマス・ラム氏によると、建物名は「39 Conduit Road」。香港中心街にあり、1階には高級デパート・ヘンダーソンが入り、売却された物件は64階で、面積は約530平方メートル。ベッドルーム5つを持ち、街を一望できる。

 価格は5700万ドル(約51億円)、1平方フィート(0.092平方メートル)あたりで9200米ドル(約82万円)になるという。買い手は明らかになっていない。

 香港の不動産市場は2008年に、35%以上の価格下落が起きた。しかし、今年に入ってから不動産市況は熱気を帯びている。

 こうした現象をアナリストは「バブルの前兆だ」と指摘。軒並み20%以上の上昇になっているという。その中でも、人気のある資産価値の高いエリアは約40%近い上昇になっているという。全体に高級住宅などの供給は少ないといい、今後もしばらくは高騰が続くかもしれない。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる