NY株が反発し1万ドル台回復

 22日のニューヨーク株式相場は金融株を中心に大幅な買いが入ったために急反発し、ダウ工業株は前日終値から131.95ドル高の1万81.31ドルと、再び1万ドル台を回復して取引を終えた。

 主要企業の第3四半期決算発表で、アマゾン、マクドナルドなど、好業績が発表された。そして、地方銀行にも市場予想を上回る利益を達成した銀行もあり、金融株が買い戻されて、ダウは値を大きく上げた

 ナスダック総合指数は14.56ポイント高の2165.29ドル。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる