米FRBが利上げ可能性を検討へ

 米連邦準備制度理事会(FRB)は、11月に開催される連邦公開市場委員会(FOMC)で、利上げの可能性をいつ示唆するか、という検討をスタートさせたという。

 米紙ウォールストリートジャーナルによると、FRBは今年春以降、政策金利を長期間において低い水準で維持する方針を貫いている。まだ、当局は、景気回復はまだ弱いために、「長期間」という表現を、いつ、いかに改めるかということで検討に入っているようだ。すでに、市場には来年前半にも利上げではないかという見方もある。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる