ヘッジファンド、英国からスイスへ流出止まらず

 昨年63%のリターンをあげたロンドンのヘッジファンド・ブルーゴールド(BlueGold)が、スイス・ジュネーブに拠点を移すことがわかった。

 ブルーゴールドは昨年2月に、2人のコモディティトレーダー、ピエール・アンドラ氏と、デニス・クレマ氏がロンドンで立ち上げたヘッジファンド。運用額は1000億円以下だが、コモディティに強く昨年は63%のリターンとなり、注目を集めていた。

 英国は所得税率を最高50%に引き上げたことで、昨年末以来、ロンドンから13%のスイスへ移転するファンドが増えている。この流れは、当分止めることはできなさそうだ。

 ちなみにピエール氏は、少年時代は水泳のフランス代表選手でもあった。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる