香港ヘッジファンド界一の腕自慢決定戦

 香港の金融業界で、毎年恒例のヘッジファンドマネージャーたちがボクシングのチャリティーマッチを行う「Hedge Fund Fight Nite」が今年も、きょう29日に開催される。

 ストレス解消やメンタル強化のために、香港の金融業界ではボクシングやマーシャルアーツをたしなむ人が多いのだという。このチャリティーマッチは今年で3回目を迎え、収益金は慈善団体などに寄付される。

 日ごろの練習の成果を出そうと12人の選手が出場する。皆、普段はオフィスで働く。たとえば出場者の一人ベノワ選手は46歳で、扱っているファンドは今年8月までで20%以上のリターンをあげているという。このように仕事も真剣だが、毎年、仕事以上に真剣な戦いがリング上で繰り広げられている。

 ◆出場選手は次のとおり(敬称略)
・Benoit Descourtieux (OP Calypso Capital Ltd)
・Bruce French (UBS)
・Chris Aukland (Michael Page)
・George Sobek (UBS)
・Jacco Klip (HKJC)
・Jacques Scherman (Sovereign Trust)
・James Bryan (Execuzen)
・Jesse Kavanagh (Nomura)
・John Crane (3A Asia)
・Justin Cava Jones (Link-ICAP)
・Steven Davidson (JP Morgan)
・Terry Koon (Zurich International)


(Hedge Fund Fight Nite公式HPから)

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる