マネックス証券とオリックス証券が統合し業界2位に

 ネット証券業界3位のマネックスグループと、7位のオリックス証券が28日、来年5月をメドに経営統合すると発表した。統合後はSBI証券に次いで業界2位となる。

 来年1月にオリックス証券株1株に対し、マネックス株1.55株を割り当てる株式交換を行なう。合併後の預かり資産残高は2兆1000億円以上となり、証券口座数も130万を超える。この合併で大幅なコスト削減を達成し、合併効果を実現することを意図している。

 今後のサービス体系、手数料体系などは現行のままだという。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる