病院再開に90億円を提供(米ロス)

 米カリフォルニア州で問題となっている病院の閉鎖で、ビリオネアが大病院の再開に向けて資金を1億ドル(約90億円)を提供することを申し出た。

 米紙LAタイムズの報道によると、提供を申し出ているのはパトリック・スーン・シオン氏の財団で、創薬企業アメリカン・ファーマスーティカル・パートナーズ社(APPX)のCEOでもある。病院は米ロスのマーチン・ルーサー・キングジュニア港湾病院。この病院の閉鎖によって近隣の病院のキャパシティーオーバーとなり、多くの医療難民が出たと言われている。

 2012年までの再開を目指している郡当局によると、年間の運営に6300万ドルが必要だという。

 ロスには、閉鎖危機にある病院も多く、市民だけでなく無保険者たちにとっても、救急の不備や、ERの待ち時間延長、さらには医療へのアクセスが困難になるなどの状況を招いているという。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる