宝くじ通算5回約20億円当選もトラブルに

 宝くじを過去5年間で通算5回当選させ、その当選金の合計額は約2000万ドル(約19億円)に上るカナダの男性が、裁判沙汰に巻き込まれている。

 この男性はこれまで、100万ドルを2回、190万ドルを1回、5万ドルを1回それぞれ当選。そして最後に昨年には1700万ドルを当選した。問題となっているのは、金額が最大となった最後の1700万ドルだ。

 この男性の当選結果に対して、グループ購入だと主張する他人が現れたのだ。当選者は、共同購入することもあったそうだ。その回が共同購入かどうかという点が争点となる。時として共同購入は不幸を招くこともある。やはり、こっそりと一人で買う方が良いのだろうか?

 ちなみに、この男性は宝くじに当選するコツを「毎週買うことだ」という。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる