旅行・観光分野の国別ブランドランキング、日本は7位

 ブランドコンサルティング会社の米フューチャーブランドは6日、2009年の旅行・観光分野における国別ブランド評価をランキングした「Country Brand Index 2009」を発表した。日本は総合評価で7位、カテゴリー別では16分野でトップ10入りした。

 総合評価1位は、これまで3年連続首位を維持してきたオーストラリアを抑え、アメリカが初めて獲得した。2位は昨年に引き続きカナダ、オーストラリアは3位だった。

 日本は昨年の9位から順位を上げて7位だった。29のカテゴリー別評価では、16カテゴリーでトップ10に入り、その内「最先端技術」「製品・サービス」「ナイトライフ」「ビジネスを立ち上げたい国」「会議開催」「独自性」の6カテゴリーで1位を獲得した。また、他の10カテゴリーについても、9カテゴリーで昨年より順位を上げており(他は昨年と同位)、「環境」は初めてトップ10にランクインした。

 同ランキングは今回で5回目。約3,000人の海外旅行経験者を対象としたインターネット調査と、世界の観光・旅行市場の統計、海外旅行の専門家の意見に基づいて、各国のブランド力を包括的に評価したもの。今回は対象国を78カ国から102カ国に拡大した。

【2009年総合評価ランキング】
1位 アメリカ (3)
2位 カナダ (2)
3位 オーストラリア (1)
4位 ニュージーランド (7)
5位 フランス (6)
6位 イタリア (4)
7位 日本 (9)
8位 イギリス (8)
9位 ドイツ (14)
10位 スペイン (12)

括弧内は昨年順位

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる