名馬ゼニヤッタ、7億円稼いでも買値は500万円だった

 米競馬の最高峰レース、ブリーダーズカップ・クラシックがこのたびサンタアニタパークで行われ、史上初めて牝馬のゼニヤッタ(Zenyatta)が優勝した。同馬はこれでデビューから無敗の14連勝となった。

 ゼニヤッタは、著名音楽プロデューサーのジェリー・モスさんが馬主。自身がプロデュースした「ポリス」の曲「ゼニヤッタ・モンダッタ」にちなんで、名付けられた。

 これほどの名馬がなぜか6万ドル(500万円)で競り落とされた。しかし結局は、777万ドル(約7億円)を稼いだことになる。ゼニヤッタの大活躍のおかげで、妹は55万ドル、弟は115万ドルとどんどん値が上がっている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる