アルマーニ/ リストランテ銀座、第5回「Sapori e Confini」開催

 「アルマーニ/ リストランテ銀座」は12月8日まで、イタリア・ピエモンテ州をテーマにしたディナーコースを提供する、第5回「Sapori e Confini(サポーリエ コンフィーニ)」を開催している。

 「サポーリエ コンフィーニ」とは“食の境界線”の意味。毎回イタリアの各州をテーマに、その特産品を使用した創作メニューを提供している。第5回目となる今回は、アルマーニ/ リストランテ銀座のエグゼクティヴシェフの出身地、ピエモンテ州。同州はイタリア北部に位置し、冬季オリンピックが開催された都市・トリノがあることでも知られている。

 メニューには栗やヘーゼルナッツ、特産品を使用し、ピエモンテ州の郷土料理を現代風にアレンジした。また11月下旬には、ピエモンテ州の特産品である白トリュフが登場し、オプションとして追加することができるという。

第5回「Sapori e Confini」
期間:2009年12月8日まで
メニュー:ディナーコース12,000 円(税込・サ別)
※ 白トリュフは11月15日頃よりのオプション。コース料金に白トリュフの料金は含まれない。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる