異色の48歳元金融戦士がポーカー世界大会で奮闘

 米大手金融ベアー・スターンズの元幹部スティーブン・ベグライター氏(47)が、現在開催中のポーカー・ワールドシリーズの決勝に進出し、おしくも6位に終わったものの賞金159万ドル(約1億4320万円)を獲得した。

 ベアー社の時代には年収160万ドルだったというベグライター氏。夜通し続いている決勝では、スタートして13時間後に元金融マンは敗れた。会社がなくなってから、プロのコーチを雇ってパーソナル・トレーナーをつけてポーカーの特訓。この大会にすべてを賭けて挑み、「わたしは後悔はしたくなかった。でも、素晴らしい経験をさせてもらったと思う」と話していた。

 この大会は予選に6494人が参加。そこを勝ち抜いた9人が決勝に進出していた。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる