「世界で最も影響力のある67人」オバマ氏1位、鳩山首相35位

 米フォーブス誌は11日、初めて「世界で最も影響力のある人物」67人のランキングを発表した。1位はアメリカのオバマ大統領で、日本の鳩山首相は35位だった。

 このランキングは今回初めて行われたもので、どれだけの人数に影響力があるか、資産の大きさ、多方面に影響力を持つか、自身の権力を自由に行使できるか、という4項目から主に分析された。1位はエディターたちの圧倒的な支持を集めてオバマ大統領、2位は中国の胡錦濤国家主席、3位はロシアのプーチン首相だった。

 日本人でランクインしたのは4人。白川方明日銀総裁が26位、豊田章男トヨタ自動車社長が28位、鳩山由紀夫首相が35位、御手洗冨士夫・日本経団連会長が58位だった。

【The World’s Most Powerful People】トップ20
1位 バラク・オバマ(アメリカ大統領)
2位 胡錦濤(中国国家主席)
3位 ウラジーミル・プーチン(ロシア首相)
4位 ベン・バーナンキ(米連邦準備制度理事会議長)
5位 セルゲイ・ブリン、ラリー・ペイジ(米グーグル共同創業者)
6位 カルロス・スリム・ヘル(メキシコ、テルメックスCEO)
7位 ルパート・マードック(米ニューズ・コーポレーション会長)
8位 マイク・デューク(米ウォルマート・ストアーズCEO)
9位 アブドゥッラー・ビンアブドルアジーズ・アル=サウード(サウジアラビア国王)
10位 ビル・ゲイツ(米マイクロソフト創業者)
11位 ローマ法王ベネディクト16世
12位 シルヴィオ・ベルルスコーニ(イタリア首相)
13位 ジェフリー・イメルト(米ゼネラル・エレクトリックCEO)
14位 ウォーレン・バフェット(米バークシャー・ハサウェイ会長)
15位 アンゲラ・メルケル(ドイツ首相)
16位 ローレンス・フィンク(米ブラックロック会長)
17位 ヒラリー・クリントン(米国務長官)
18位 ロイド・ブランクファイン(米ゴールドマン・サックス会長)
19位 李長春(中国共産党中央政治局常務委員)
20位 マイケル・ブルームバーグ(米ニューヨーク市長)

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる