米NY社交界のキーパーソン登場

 ソーシャライツで、NY社交界のキーパーソンと言われる、ティンズリー・モティマーさんと、妹のサブニー・マーサーさんが先日、NYで行われたウォッカのパーティーに出席した。

 モティマーさんは、投資顧問会社の実業家の父、インテリアデザイナーの母という裕福な家庭に生まれた。コロンビア大学を卒業後、ヴォーグ誌のファッション・ビューティーアシスタントなどを経験。金融界名家の御曹司ロバート・リビングストン・モティマー氏と結婚し、現在に至っている。

 現在はNYのパークアベニューに住み、ソーシャライツ(社会活動家)としていくつものチャリティパーティーをオーガナイズし社会に貢献している。社交界のキーパーソンとも言われるが、米国を代表する社会活動家である。今回のパーティーの収益も寄付される。


ティンズリー・モティマーさん(左)と妹のサブニー・マーサーさん

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる