ブガッティが湖転落事故。原因はペリカン?

 米テキサス州で珍しい交通事故が起きていた。世界最高額のスポーツカーとして知られる、ブガッティ・ヴェイロン16.4のオーナーが運転中に、低く飛ぶペリカンにハンドル操作を誤って、海水の湖に突っ込んだ。

 この自損事故はすでに、アメリカをはじめ自動車ファンの間では話題となっており、このオーナーは携帯電話で通話をしながら運転中に、低空飛行のペリカンが前に飛んできたために、ハンドル操作を誤って湖に転落してしまったという。

 その後、牽引車でブガッティを湖から引き上げたものの、ボディの前面部の破損と海水による被害があったのだという。オーナーは怪我はなく無事だった。ブガッティ・ヴェイロンは160万ドル。スポーツカーの王者で、さらにその上のバージョンまである。


ブガッティ・ヴェイロン164

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる