ベルルスコーニ夫人が生活費50億円を請求

 イタリアのベルルスコーニ首相(73)と離婚協議中のベロニカ夫人(53)が、生活費として月約350万ユーロ(約4.6億円)を要求した。

 地元紙などによると、イタリアの法律では妻は離婚前の生活水準を維持するだけの生活費を夫に請求できる権利を認められている。しかし、ベルルスコーニ氏は、最大でも月30万ユーロ(約3900万円)しか支払わない意思を示しており、年間で約50億円を要求する夫人との折り合いはつきそうにない。

 かつての不倫女性に暴露本を出版されたり、テロリストの政治家暗殺リストに名前が載って官邸に寝泊まりするなど受難続きの様子。

 ベルルスコーニ氏の総資産は、フォーブス誌によると65億ドル(約5700億円)で、イタリア首位の座こそケーレ・フェレロ氏(95億ドル)に明け渡したが、同国では2位。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる