ドバイ旅行【3】最終日の絶品シーフードレストラン

 ドバイ2日目はモール・オブ・ジ・エミレーツと言うショッピングモールに行きました。砂漠の中に人工スキーゲレンデがあり、一年中スキーが楽しめ、ガラス越しにゲレンデを見ることが出来ます。大型スーパーのカルフールも入っています。

 3日目はドバイで最大のショッピングモール、ドバイモールに行きました。ここはアイススケートリンク、水族館のあるショッピングモール。水族館も半端な大きさではなく、水槽は2階ほどの巨大な水槽で表からは誰でも見ることができます。入り口はその水槽の中のトンネルをくぐって入ります。ショップは有名ブランドのほとんどがそろっています。このモールはさすがに大きすぎて、2日かけても見きれないでしょう。

 モールの中でアラブ料理のレストランを見つけました。アルコール、豚肉料理はありません。ライス、ハーブをブドウの葉で包んだもの、ファトーシュと呼ぶミックスサラダ、パラディチーズ、ウオータクレソン、ミントが入ったサラダ、マトン・チキンをローストした定番のケバブをいただきました。家内が「私はウサギじゃない」と言ったほど野菜が豊富です。

 レストランでは、ほとんどのお客がアラブの民族衣装でした。男性は白、女性は黒の民族衣装で、女性のほとんどは目だけしか見せません。食事もマスクの下から上手に食べます(あまりじろじろ見ると睨み返されますので注意が必要です)。

 ここのモールはゴールド・スクという一角がありますが、金製品は少なく貴金属、宝石店が数多く店を並んでいて、迷路のような道が続きコレデモカ、コレデモカと宝石店が出てきますので大変危険です。ついに家内にダイヤモンドのピアスを買ってしまいました(笑)。


フォアグラの黒トリュフゼリー乗せ海苔巻き
 帰国する最終日はバージュ・アル・アラブのシーフードレストランに行きました。半端でなく大きな水槽を囲み、テーブルがあります。料理は大変おいしく(値段からすれば当たり前です。1人最低3万円~)シャンパンはグラスで頼んでもマグナムボトルで注がれます。キャビア(10万円~)などのアラカルトもあります。

 写真はフォアグラ(真ん中にスモークした魚入り)の黒トリュフゼリー乗せ海苔巻き、オマールエビのブイヤベース(味は抜群でした)。


オマールエビのブイヤベース
その他ホタテのソテーとエビムースのラビオリXO醤トリュフソース、名前のわからない白身魚の蒸し物マディラソース名前のわからないキノコ添え、ロール型アイスクリームのデザートでした。国際規格で、私たちには量が多すぎました。

 感想は、素材は抜群に良いですが味が濃く、ホタテは火の通しすぎで、やはり日本が一番でした。欧米人には合っているのでしょう。席は満席なのには驚きました。ただしアラブの富豪はホテルの部屋にサーブさせるようで(当然奥様は黒いマスクの下からディナーをいただいても、おいしいはずはありません)、お客は欧米人のみです。

 今回のドバイ旅行で感じたことは、「とにかく安く」というスタンスは捨て、「贅沢をしよう」という思い切りが大切だということです。ドバイ滞在を成功させる大きなポイントは、「思い切って奮発する」こと!

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる