東証107億円支払い、ジェイコム株の誤発注事件で判決

 2005年12月8日に発生した、みずほ証券がジェイコム株を誤発注した件で、東京地裁は4日、東京証券取引所が、同証券に約107億円の損害賠償を支払うよう命じた。

 発端は証券会社側がジェイコムの発行株式数の約3倍もの買い注文を出したことにある。本来は「61万円で1株売り」とする注文を「1円で61万株売り」と発注。まもなくミスに気付いて、1分25秒後に注文取り消しの手続きを行ったが処理されず、その後8分弱で全株の売買契約が成立し、最終的に約407億円の損失が生じた。

 判決では、大量の注文は止めるべきと指摘されたものの、東証は介入権限がないとして介入はしなかった。来年から導入の最新システムでは、このような発注は起こらないのだという。

 東証は今回の判決を受けて「当取引所といたしましては、判決の内容を十分に検討したうえで、然るべく対処して参ります」として、控訴の可能性もにじませた。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる