来春のスギ花粉量は過去5年で最低に

 ウェザーニューズ社は8日、来春のスギ花粉の傾向を発表し、今年の半分以下の飛散量となり、過去5年間で最も少なくなる見込みであることが分かった。

 発表によると、一般的には花粉は前年夏の日照時間、最高気温、降水量が大きく関係する。今夏の場合は梅雨の期間が長く日照時間が少なかったために、全国的に今年の半分以下の飛散量になるという。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる