「マカオの帝王」が退院へ

 事故のため頭部を強打し病院に入院中のマカオのカジノ帝王、スタンレー・ホー氏(87)が近く退院することがわかった。

 息子のローレンス・ホー氏が、ブルームバーグTVのインタビューで明かしたもので、2度の手術を行い快方に向かっており近く退院するのだという。

 スタンレー・ホー氏は自宅で階段から転落して頭を強打し、現在まで4カ月入院している。ホー氏は1960年代からカジノ経営に乗り出し、中国に香港返還までカジノの独占的営業権を持っていた。現在でも、有名カジノの株式などの保有し、帝王の地位と影響力は確保している。

 私生活では4人の妻、17人の子供がいる。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる