ファイナルファンタジーの新作の初動出荷180万本

 スクウェア・エニックスは17日、人気ゲームソフトシリーズ「ファイナルファンタジーXIII」の初期出荷本数が180万本を突破したと発表した。シリーズ全世界累計出荷本数は9200万本となった。

 この日発売となり、朝早くから量販店には行列ができていた。シリーズ前作の初回出荷本数は200万には及ばなかったが、180万本の初期出荷となった。

 「ファイナルファンタジー」シリーズは、1987年の発売以来、世界中から高い評価を得ている日本発のロールプレイングゲーム。新作は来年年3月9日に北米、欧州でも発売を予定している。

 スクウェア・エニックスの和田洋一社長は「非常に好調な出足です。これから年末年始にかけて、プレイステーション3と共に数が伸びていくことを期待します」と話していた。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる