王族長者モハメド殿下がドバイモーターショー視察

 アラブ首長国連邦のドバイで開催中のドバイモーターショーに17日、ドバイの第二王子で首長でもあるモハメド殿下が訪れた。

 モハメド殿下は、日本では世界有数の大馬主として有名。フォーブス誌によると、資産は180億ドルに上り、世界の王族長者番付で5位だという。この日は、公務で視察。部下や関係者の説明を興味深く聞き入った。

 政府系の不動産開発会社ナキールの債務が590億ドルと言われるドバイ。金融不安をどう鎮めていくのか、また、モーターショーなどラグジュアリー市場の最先端としてのドバイのイメージをどう保つのか、今後のモハメド殿下の手腕にかかっている。


モハメド殿下(中央右)

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる