中世の面影がそのまま残るベルギーのブルージュは、女性に人気の世界遺産

 世界遺産の街ブルージュは女性から圧倒的な支持を集める世界遺産。しかしこの街を散歩すると、男性も十分に楽しむことができると思う。

 その秘密は橋にあり、ブル-ジュは「橋」という意味。その名前の通り50以上の橋が運河に架かる水の都。北海と水路で結ばれていたブルージュは13~14世紀にハンザ同盟の主要都市として、そしてヨーロッパ第一の貿易港として栄えたが、15世紀に北海との間の水路が沈泥のため出入りができなくなり、都市としての機能が止まってしまった。そのお陰で中世の風景がそのまま残り、ひっそりと佇む美しい街として現代に引き継がれた。

 ブルージュへはブリュッセルから行くのが一般的なルートで、急行で1時間乗るとブルージュ駅に着く。あとはバスに乗ることもなく、ブラブラとブルージュをゆっくり散歩するだけ。


愛の湖公園

 駅から歩き始めるとすぐに、このような美しい景色が広がる。ここは「愛の湖公園」という名が付いているが、昔はブルージュの内港だった所。緑に囲まれた静かな公園と白鳥はまさに1枚の絵。

ペギン会修道院

 世界遺産である「ベギン会修道院」の外壁。壁の中側は大きな木立ちが生い茂り、17世紀の教会や建物があり、静かなたたずまいはまるで中世のよう。残念ながら敷地内は写真撮影が禁止されていて、現代の別世界を撮ることはできなかった。

聖母教会

 ここは122メートルのレンガの塔がある聖母教会。写真の白大理石の聖母子像はミケランジェロの作品で、地元の商人が16世紀に購入し、この教会に寄贈した。イタリア以外でミケランジェロの作品を見ることができるのは希少だそうだ。

 ブルージュの街中を進み、マルクト広場へ向かう。ブルージュの中心であるマルクト広場はヨーロッパでも屈指の美しい広場。鐘楼、州庁、郵便局、みやげもの屋、レストランが並ぶ。


クレープとティーで一息
 時々観光客を乗せた馬車が通り過ぎる広場を眺めながらここで一服。クレープとスイーツとティーが美味しかった。

マルクト広場の鐘楼
 1300年頃造られたこの「鐘楼」は世界遺産に登録されている。高さは83メートルで366段の階段を登ると塔の最上部に出ることができる。

鐘楼の上からの街の景色

 鐘楼の上からの街の景色。狭い階段は、ほぼ50度から70度の角度があり、366段は山登りみたいな感覚。だが20分くらいで無事最上部まで登ることができた。上からはブルージュの街並みがほぼ一望できる。手前はマルクト広場。

 訪れた時期が7月だったので花が沢山咲いていた。日本でよく見る花もあるが、私が見たこともない花もあった。この美しい街並みを心行くまで散歩し、夕方にはベルギーに戻ったが、ブルージュを一日散歩してるだけで、3件の世界遺産を同時に訪れることになる。


ブルージュを散歩していて見つけたお花

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる