ノーベル物理学賞の小林誠氏、高エネ研の特別栄誉教授に

 昨年、ノーベル物理学賞を受賞した小林誠氏(64)が長年在籍した高エネルギー加速器研究機構から1日、特別栄誉教授の称号が贈られた。

 朝日新聞によると、小林氏は「立派な肩書をもらうと困ることも多いといいますが」などと冗談を交えながら感謝の言葉を述べた。高エネ研は小林氏と益川敏英京都大名誉教授(68)がノーベル賞を受賞した理論を確かめる実験で大きな役割を果たした。


小林誠氏(ノーベル物理学賞)

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる