電通とJ-CASTが新会社「あどえりあ」設立

 電通は24日、インターネットで掲載地域を選択できる広告市場の拡大を目指して、2010年1月5日付けで、J-CASTと共同で地域ターゲティング事業の新会社「株式会社あどえりあ」を設立すると発表した。

 ネット利用者がアクセスする都道府県を自動判別し、広告を含むコンテンツを地域別に表示する特許をJ-CASTが保有しており、新会社はこの技術とノウハウを活用して新しい広告商品を開発するほか、ウェブサイトやネット利用者の利便性を高める企画事業を展開する。J-CASTはこの特許の実施許諾権を新会社に独占的に提供するとともに、資本参加する。

 地域ごとに広告を掲載・配信する仕組みを新聞やテレビは備えているが、インターネットではその機能は十分ではない。そうした中で、新会社は地域情報判別特許の技術やノウハウを活用し、地域ごとの広告や地域によって時差をつけて表示する広告などを開発することにより、ネット広告市場の拡大に貢献していくという。

 新会社はアドネットワークなどにライセンスを提供し、その利用料金を収入源の一つとする。また、ウェブサイト事業者や地域の広告代理店、広告主と協力して地域を選択する広告の流通が効率的になる仕組みに関する普及促進活動や、技術や商品情報の提供、コンサルティング業務なども行っていく。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる