「三国志」曹操の墓、遺骨とともに発見

 中国の「三国志」に登場する武将で、魏の始祖となった曹操(155~220年)の陵墓が発見されたことがわかった。河南省安陽県にある後漢時代の陵墓が、曹操の陵墓だと断定されたと、河南省文物局が27日に発表した。

 TBSの報道番組によると、副葬品の矛や枕などに曹操を示す「魏武王」の銘文が刻まれていたことが、陵墓が断定できた根拠だという。

 陵墓からは60歳前後の男性の遺骨が出土しており、曹操が亡くなった年齢とも一致し、曹操本人の遺骨とみられている。副葬品250点以上とともに、女性2人の遺骨も発見された。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる