エシレから新年を祝う仏菓子「ガレット・デ・ロワ」発売

 フランスの最高級発酵バター、「エシレ」の世界初専門店「エシレ・メゾン デュ ブール」(東京都千代田区)から、新年を祝うフランスの伝統的なパイ「ガレット・デ・ロワ」が発売される。

 同商品は「エシレのガレット・デ・ロワ(フェーヴ付き)」(4200円、税込)。2010年1月2日から17日まで、300台限定の販売となる。「ガレット・デ・ロワ」は、お正月に食べてその年の幸せを願う、フランスの伝統菓子。パイの中にフェーヴという陶器が隠れていて、これが当たるとその日1日「王様」または「王女様」になることができ、皆から祝福されるという。

 「エシレのガレット・デ・ロワ」は、エシレバターを100%使った折りパイに、アーモンドクリームを包んで焼き上げたもの。バターに生地を織り込む方式で折っていくので、繊細でハラハラ、サクサクした食感になる。

 エシレは三ッ星シェフ、有名パティシエ、英国王室やモナコ王室などのロイヤルファミリーに愛されてきたフランス産の最高級発酵バター。1900年のパリ万博で1等賞を受賞、1979年には特定の生産地域で伝統的な製法によって生産された農産物・食料品にのみ許可されるA.O.Cを取得するなど、1世紀以上にわたり高い評価を得ている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる