M・モビアス氏が予想する2010年の富裕層の動向

富裕層に厳しいオバマ政権


マーク・モビアス氏
 世界のあらゆる市場を隈なく見てきたマーク・モビアス氏。今度は世界の富裕層は、今年どのように動くのか。タックスヘイブンへの監視強化、米国、英国をはじめとして先進国の課税強化など、富裕層包囲網が敷かれているようにも見えるが、そのあたりを聞いてみた。

 ◆以下モビアス氏の話
 オバマ大統領が2期目を目指すために歳出を増加させ、政策を実現していこうとするでしょう。だから、米国の歳出増と、それにともなう増税は続くことになるでしょうね。富裕層は米国や日本のように課税が重たい国からは、お金を移したがるものです。税率が低かったり、あるいはドバイのようなノータックスのところにね。だから、お金持ちは、もっとお金持ちになっているんじゃないでしょうか。

 ちなみに「culture of corruption」という本があるのですが、これはクリントン政権時代からの民主党の汚職を暴いた内容です。それによると、一部の富裕層を生みだすという仕組みもあるようですよ。

1 2 3
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる