ロスチャイルド氏が露企業の大株主へ

 ロスチャイルド家のナサニエル・ロスチャイルド氏の投資会社に、香港市場に新規株式公開(IPO)を予定しているロシアの世界最大アルミメーカー「ルサール」の株式が割り当てられることが可能性が高いことがわかった。

 ロスチャイルド氏は、コーナーストーンホルダーとしての位置づけ。他にも米NYNおヘッジファンドマネージャーのジョン・ポールソン氏、香港の不動産王ロバート・クォック氏の名前が挙がっている。

 豪銀行マッコーリーグループによると、上場すると時価総額は最大で2兆5000億円規模になる見込みだという。ルサールは、プーチン首相とも昵懇のオレグ・デリパスカ氏が社長。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる