3年で役員になった「たま」さん

 和歌山市から全国区の人気を誇る、和歌山電鉄貴志川線貴志駅長の「たま」(メス猫10歳)がこのたび執行役員に任命された。駅長と兼任となる。

 同社ホームページの役員欄には、しっかりと「執行役員 たま」と記されている。2007年に駅長に就任し、その直後には乗降客数が10%以上も増加し早くも効果が現れると、年間約30万人もの乗客を増やすことに貢献した。翌2008年にはスーパー駅長(課長職相当)に昇進し、その後も人気は増していくばかり、昨年末の取締役会で執行役員昇進が承認された。

 もともとは、隣の駅で生まれたとされ、駅内の商店で飼われていた猫。わずか3年でのスピード出世となった。今年はネコ科の寅年。3日に就任式が行われ、5日から初業務を開始する、たま執行役員の手腕から今年も目が離せない。


たま駅長(同社HPより)

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる