ひらまつでシャトー・マルゴー総支配人来日ガラディナー開催

 フレンチレストラン「レストランひらまつ広尾」(東京都港区)と「オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ」(愛知県名古屋市)で、シャトー・マルゴーの総支配人兼最高技術責任者のポール・ポンタリエ氏を迎えたガラディナー「優美なるマルゴーの夕べ」が2月に開催される。

 このディナーで出されるワインは「Pavillon Blanc du Chateau Margaux 2007」「Pavillon Blanc du Chateau Margaux 2000」「Chateau Margaux 1989」「Chateau Margaux 1985 en magnum」。ポンタリエ氏の解説に耳を傾けつつ、旬の黒トリュフ料理とシャトー・マルゴーのマリアージュを堪能できる。

 5大シャトーの1つであるシャトー・マルゴーは「ボルドーの女王」と呼ばれ、16世紀からすでに高い評価を獲得。1855年の公式格付けでグランクリュ(第1級)に認定され、ルイ15世の寵妃デュ・バリー夫人、アーネスト・ヘミングウェイ、フリードリヒ・エンゲルスなど多くの著名人に愛されてきた。シャトーは現在ギリシャ人実業家のメンツェロプーロス家が所有し、83年から著名ワインディレクターである総支配人兼最高技術責任者のポール・ポンタリエ氏に運営が任されている。

◆レストランひらまつ広尾
場所:東京都港区南麻布5-15-13
TEL:03-3444-3967
日時:2月15日・16日、19:00受付 19:30開宴
料金:1名70,000円(税・サ込)

◆オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ
場所:愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1 ミッドランドスクエア42F
TEL:052-527-8880
日時:2月17日、18:30受付 19:00開宴
料金:1名70,000円(税・サ込)

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる