日本初「セント レジス ホテル」、大阪に10月開業

 スターウッド ホテル&リゾートは今年10月1日、日本初の「セント レジス ブランド」となる「セント レジス ホテル 大阪」をオープンする。過去5年近く、大阪には国際的なホテルブランドが登場していなかったが、「ザ・リッツ・カールトン大阪」(大阪市北区)と肩を並べる、新たな高級ホテルが誕生する。

 「セント レジス ホテル 大阪」は御堂筋と本町通りが交差する、オフィス街とハイブランドショップが集まるエリアに位置する。オフィスや店舗も入る複合ビルの11階から27階に入り、総客室は159室。ホテル内には、2つのレストラン、バー、ルメードゥ スパ、ボールルームとファンクションルーム、ウェディングチャペルなどが入る。ロビーフロアの12階には屋上庭園に面した、自然光あふれるルーフトップ・ラウンジができる。また、バトラーサービス」は24時間利用可能。予約受付は4月1日から開始される。

 「セント レジス ホテル」は、1世紀前に開業した「セント レジス ホテル ニューヨーク」が旗艦ホテル。2010年はフロリダ州 バルハーバー、チベット ラサにも開業が決定している。

 スターウッド ホテル&リゾートは、世界95カ国に850を超えるホテル、リゾートを所有・運営。セント レジス、ラグジュアリー コレクション、シェラトン、ウェスティン、ル メリディアンなど計9ブランドを展開している。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる