『Google電力』が電力販売の認可を申請

米IT企業グーグルはこのたび、電力販売事業を行うために、米連邦エネルギー規制委員会(FERC)に申請した。認可が下りれば電力売買ができるようになるが、IT企業が電力事業に参入するのは異例のこと。

 一時、エネルギー業界では「グーグルが電力を消費し尽くす」とも言われたほど、誰もが検索の際には使いまくるグーグル。まだ世界には電力にアクセスできない国や地域が新興国には多く、今後のことも考えれば、さらにグーグルが電力需要を押し上げる要因の一つとなるだろう。

 大手IT企業が、自社サーバーなどを運用する際に大量の電力を消費している。
そこで、資源の有効な活用を考えており、昨年スマートグリッド分野へ参入。将来的には電力の卸売事業まで進出するのではないかと見られている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる