スイス・リーが再保険事業をバークシャーに売却

 スイス再保険最大手の「スイス・リー」は、再保険事業の一部を13億スイスフラン(約1150億円)で米投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイに売却したことがわかった。

 フィナンシャルタイムズによると、今回の売却は資本の増強が目的と見られる。資金は、今後のより収益力のある事業を行うことに充てられる。今回売却した事業は再々保険とも呼ばれており、再保険会社がリスクを他の再保険会社に移すこと。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる