船上でラグジュアリークッキングスクール開催

 ルレ・エ・シャトーとシルバーシー・クルーズは、2社がコラボレートした船上クッキングスクール「ルレ・エ・シャトー レコール・デ・シェフ」を開催すると発表した。

 「レコール・デ・シェフ」はシルバーシー・クルーズのエグゼクティブシェフ、デビッド・ビルスランド氏と、オーベルジュ・ブレトンのオーナーでルレ・エ・シャトーのグランシェフでもあるジャック・トレル氏がコラボレートしたスペシャルクッキングプログラム。「アフリカ&インド洋」「アラスカ&太平洋岸」「カリブ海、メキシコ&パナマ運河」「地中海」など2010年に出発する全11クルーズで開催される。

 プログラムは旅程ごとの寄港地の食文化に合わせて企画され、内容はナイフの基本的な使い方やキッチン用語から、ソースの作り方、パンや菓子の焼き方まで様々。ビルスランドシェフと船内のキッチンスタッフとのクッキング対決などのイベントもある。

 またシルバーシー・クルーズの有名ワインコンサルタント、リン・ファーマー氏も乗船し、ワインに合わせたクッキングデモストレーションも開催される。一部のクルーズでは、寄港地の市場やレストラン、ホテルを訪れるツアーもある。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる