フードフランス第5回はコニャック地方のフレンチ

 アラン・デュカス氏に選ばれた、フランス各地で活躍する才能ある若手シェフの料理が楽しめるイベント「フードフランス2009/2010」の第5回が、21日よりフレンチレストラン「BENOIT(ブノワ)」(東京・青山)で開催される。

 今回はポワトゥー・シャラント地方コニャックより、「シャトー・ド・リューズ」のパスカル・ヌブ シェフが来日する。ポワトゥー・シャラント地方はブランデー「コニャック」やデザートワイン「ピノ・デ・シャラント」などで知られている。

 パスカル・ヌブ氏はシャンパーニュ出身でありながらも、2002年から「シャトー・ド・リューズ」のシェフに就任。土地の食材を使用したクリエイティブでエレガントな料理で地元でも高い評価を得ており、またレストランガイド「シャンペラール」の2008年最優秀シェフに選ばれている。

日時:2010年1月21日(木)~26日(火)
シェフ:パスカル・ヌブ 「シャトー・ド・リューズ」
場所:フレンチレストラン&カフェ「BENOIT(ブノワ)」
価格:ランチ8,400円(税・サ込み) ディナー12,600円/15,750円(税・サ込み)

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる