GDP成長率上回る中国のインターネット経済

 中国の2009年のインターネットサービスの営業収益は、去年1年間で743億元(約1兆1145億円)の経済規模に上る見込みであることが、中国のマーケティングリサーチ企業iResearch(蓬瑞諮詢)の調査データで明らかになった。これは前年比30.7%増で、2008年の前年比52.6%増より低いものの、中国全体の経済成長を示す8%前後のGDPと比較すれば、かなりの速度といえる。

 調査によると、2008年の第4四半期と2009年の第1四半期は、インターネット経済も金融危機の衝撃を受けた。中でも、ネット広告、電子商取引B2B、ネット人材募集などはマイナス成長で経済危機は多くのネット企業の弱点をさらけ出した。ただし、昨年第2四半期から持ち直し成長軌道に乗った。

 去年、中国のインターネット市場でもっとも成長した分野は「ネット決済」で、取引規模は昨年同期と比べ110.2%増、その次は「ネットショッピング」で、取引規模は93.7%増加した。

 調査は、2010年中国のネット経済規模は1123億元、2013年には2734億元に急上昇すると予測している。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる