ゴルフ界のあゆ宅島美香がキャベジンの興和とウエア契約

 「ゴルフ界のあゆ」と呼ばれる人気者、宅島美香選手(23)=アコーディア・ゴルフ=が27日、キャベジンなどで知られる「興和」とウエア契約を結んだことを発表した。

 宅島選手は、歌手の浜崎あゆみさん似で、昨年シード権を獲得したスター候補。8歳時から父の手ほどきを受けてゴルフを始め、その後はゴルフの虎の穴、坂田信弘氏主宰の「坂田塾」に入塾。名古屋商科大学を中退し、2006年プロデビューした。今季はさらに人気が出ることが予想される。

 興和は、キャベジンなどの薬品事業で知られるが繊維部門もある。このところ、女子プロゴルファーは実力があるのは当たり前で、加えていかにビジュアルが良いかということが高付加価値となる。

 女子選手とのウエアや用具などの契約獲得は表だけでなく水面下で熾烈な駆け引きや戦いが行われているという。露骨な条件のつり上げをする選手側のマネージメントも一部にはいるというが、企業側もイメージアップと露出が増えるまたとない機会だけに、逸材とは何としても契約したがっている。

 企業側は不況でも、こうしたところにはこぞって投資したがっている。今、ゴルフでバブルが沸き上がりつつあるようだ。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる