シンガポール長者番付1位のンー氏死去

 シンガポールの長者番付1位で不動産王、ンー・テンフォン氏(Ng Teng Fong)が2日死去した、とファーイースト・オーガナイゼーション社が発表した。82歳。資産は80億ドル。

 ンー・テンフォン氏はシンガポールで住宅、商業施設、ビルなど700以上の案件の開発を手掛け、国内民間住宅市場の少なくとも4分の1を所有しているという。極東でも屈指の不動産王。家族は妻と8人の子供。

 ンー氏は1928年に中国福建省に生まれ、6歳でシンガポールに移ってきた。その後は働いて起業し、飲料メーカーのヨー・ヒャップセン(Yeo Hiap Seng)、香港の不動産会社、信和集団(Sino Group)、フラートン・ホテルなども保有してし、現在ではシンガポールの長者番付では1位となっている。息子のロバート氏は香港事業、フィリップ氏がシンガポール事業を担当している。

 ファーイースト・オーガナイゼーションの不動産資産は400億ドルとも言われている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる