日本航空(JAL)西松前社長が日航財団理事長に

 会社更生法により再建手続き中の日本航空の西松遙・前社長(62)が、同社系列の財団法人「日航財団」の理事長に就任した。

 各紙の報道によると、西松氏は1月19日の辞任後、社員へ送ったメールで明らかにした。西松氏は2月1日付で就任している。日航財団は日航本社からの寄付金20億円を基に1990年に設立された団体。活動資金の運用に際しては、昨年実績で基本運用収入は社債を中心に3300万円余りあるが、日航の社債は保有していないのだという。

 他に理事には作家の曽野綾子氏、寺島実郎・日本総研会長らが名を連ねている。また、賛助会員には日航系の企業が多数入っている。スカラシップ、環境関連の調査、俳句大会など様々な事業を行っている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる