ブラピ&アンジー、破局報道の発端になった英紙を提訴

 米俳優ブラッド・ピットさんと女優アンジェリーナ・ジョリーさんが、2人の破局を報道し、一連の騒動の発端になった英「ニューズ・オブ・ザ・ワールド」紙の発行元、News Group Newspapersをロンドンの最高裁判所に提訴したことがわかった。海外メディアが報じた。

 ピットさんとジョリーさんの弁護団によると、ニュースを撤回するか謝罪することを求めたものの、同紙は拒否。2人は弁護団の勧めにより、同紙を提訴することを決めたという。誤った事実を報道され、名誉毀損とプライバシーの侵害にあたるとしている。

 ニューズ・オブ・ザ・ワールドは、ピットさんとジョリーさんが財産分離について話し合うために離婚弁護士を訪ね、その取引書類に署名したと、1月24日に報道。また子供たちはジョリーさんと一緒に暮らし、ピットさんには面会権が与えられる等と詳細に報じていた。世界的ビッグカップルの破局報道は世界中に一気に広まり、様々な憶測を呼ぶ騒動に発展していた。

 News Group Newspapersは、世界的メディア王として知られるルパート・マードック氏が会長を務めるニューズ・コーポレーションの関連企業。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる