猫の「たま」駅長もツイッター開始

 猫として“日本初”の会社役員となった和歌山電鉄貴志駅の駅長「たま」さんがこのたび、twitter(ツイッター)を開始し話題を呼んでいる。

 和歌山電鉄の業績に多大な貢献をしたことから執行役員となった「たま」貴志駅長は現在、駅舎を建て替え中のために休暇中。ネット上のツイッターで近況を逐一報告している。

 「にゃんご!今日も一日安全運行お疲れ様です。終電まであともう少しですね、頑張ってくださいにゃん! 」と運行職員への労いの言葉。また「にゃんご!やっぱりねこのワタクシには、リアルタイム映像は無理てしたにゃん!また、練習してから送りますにゃんご!」と、猫ゆえの不器用さを書いたり、微笑ましい書きこみが多い。

 しかし、たまさんは、ツイッターを使いこなすとは本当に“器用”で、とても猫とは思えない。


CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる