マンダリンオリエンタル東京で極上黒トリュフとワインのディナー

 「マンダリン オリエンタル 東京」(東京都中央区)のフレンチインスパイアダイニング「シグネチャー」で、プライベートルームでディナーを楽しむ「料理長オリヴィエ・ロドリゲズと愉しむ、シェフズテーブル」が28日に開催される。

 今年2回目となる同プランは、プライベートワインセラーでアペリティフ、シグネチャー個室でディナーを楽しむ先着8名限定のプラン。今回は仏黒トリュフの名産地、プロヴァンス・カルパントラの極上黒トリュフを使用したディナーコース。黒トリュフの香りと味を最大限に引き立てるワインを選び、マリアージュさせる。

 「シグネチャー」はマンダリン オリエンタル 東京の37階に位置する、3年連続ミシュラン1つ星を獲得しているフレンチダイニング。南仏出身のシェフが正統派フレンチを大胆に繊細にアレンジしたモダンフレンチが楽しめる。大手町から新宿まで一望するダイニングのほか、8名までのプライベートルーム、セミプライベートスペースがある。

【料理長オリヴィエ・ロドリゲズと愉しむ、シェフズテーブル】
場所:フレンチインスパイアダイニング「シグネチャー」
日時:2月28日(日)17:30~
料金:1名34,000円(料理・ワイン含む、税込、別途10%のサービス料)
定員:先着8名(定員になり次第締め切り)
予約:0120-806-823

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる