ロシア富豪トップ10の合計資産、昨年より84%増加

 ロシアの経済誌「フィナンス」が、2010年のロシア長者番付を発表した。世界的な金融危機の影響を脱し、上位の富豪の多くが莫大な資産増加をしたことが判明した。同誌によると、ロシアの上位10人の富豪の合計資産は1390億ドルで、昨年の759億ドルから84%も増加していた。

 1位は約188億ドルでノボリペツク製鉄所会長のウラジーミル・リシン氏だった。前年のランキングで1位のロシア最大の富豪ミハイル・プロホロフ氏は、141億ドルから178億5000万ドルまで資産が増えたものの、リシン氏に追い抜かれてしまった。またチェルシーのオーナーであるローマン・アブラモビッチ氏は昨年より31億ドル増えて、170億ドルで3位だった。

 最も資産額の回復が大きかったのはロシア・アルミニウム社長のオレグ・デリパスカ氏で、金融危機の影響で資産は400億ドルから昨年49億ドルまで落ち込んでいたが、今年は138億ドルまでに回復して6位にランクインしている。5位のアルファ・グループの創設者ミハイル・フリードマン氏もまた、2009年の61億ドルから143億ドルまで資産を回復している。

【ロシア富豪長者番付 TOP10】
1位:ウラジーミル・リシン、188億ドル
2位:ミハイル・プロホロフ、178億5000万ドル
3位:ローマン・アブラモビッチ、170億ドル
4位:スレイマン・ケリモフ、145億ドル
5位:ミハイル・フリードマン、143億ドル
6位:オレグ・デリパスカ、138億ドル
7位:アリシェル・ウスマノフ、124億ドル
8位:ヴァギト・アレクペロフ、106億5000万ドル
9位:アレクセイ・モルダショフ、100億ドル
10位:ウラジミール・ ポタニン、995億ドル

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる