ポールソン氏がシティバンク株を買い増し

 著名ヘッジファンドマネージャー、ジョン・ポールソン氏が運営するポールソン&カンパニーが、昨年の第3四半期(10~12月)にシティグループ株を買い増していたことが分かった。

 米証券取引委員会(SEC)への届出によると、ポールソン社の昨年12月のシティ株保有高は5億670万株で、前の期から比べて3億株増加している。また、ウォーレン・バフェット氏の投資会社が率いるウェルズファーゴ株式も1750万株買い増している。

 シティの株価は昨年の最安値時点からは、すでに3倍以上になっている。昨年はシティ株をはじめ、銀行セクターを買いまくっていたデビッド・テッパー氏率いるアパルーサ・マネジメントが120%のリターンを上げるなど、銀行株を買っているかどうかが勝敗を分けた。

 ポールソン氏は銀行関連もそうだが、今年に入り、金鉱ファンドを立ち上げたり、アルミメーカーのルサールの株主となったり、資源関連に関心を持っているようだ。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる